禁煙の成功率を高めてくれる薬

チャンピックスとは、たばこの我慢を楽にしてくれる薬となっています。
脳内にあるニコチン受容体に優しく(弱く)作用し喫煙欲とニコチンからの離脱症状の辛さや苦しさを和らげる効果があります。
たばこを美味しいと感じてしまうのは喫煙することによって脳内かたドーパミンが放出され、このドーパミンは快感を司る機能をもっているためです。
チャンピックスを使う事で、たばこを不味くしてくれるので禁煙の成功率を高めてくれます。
この薬を使った治療は保険の適用があり、保険内で治療を受けることができるので、たばこ代に比べて安く治療を続けることができます。
保険適用の条件としたブリンクマン指数が200以上(1日の喫煙本数×喫煙年数)の方などの条件があります。
医師が協力することと薬を使うことで禁煙の成功率をかなり高くすることができるようになります。
気になるのはやはり、この薬を使った場合の副作用ですが、軽い症状として吐き気、不眠症、悪夢、頭痛、抑うつなどが挙げられます。
服用を始めてから最初の何日間かは症状がでる方も多いですが薬が効いていると思って多少の我慢が必要になります。
当然、薬が身体に合わない場合もあり、顔や舌、口唇、ノドの腫れ、じんましん、息苦しさなどの症状が出るようであれば服用を中止し、医師に相談するようにしてください。
喫煙にはデメリットや危険性が非常に多く、煙の中には4000を超える化学物質が含まれており、その中には60種の発がん性の物質が含まれています。
喫煙はガンになるリスクを自ら高めてしまう行為であり、他にも口臭や肌荒れ、シワが増え、肌にハリがなくなるなど色々な問題が現われます。
逆にたばこをやめたことで得れるメリットとして、寝起きが楽になったり、鼻がよくなり味覚に変化が起こるので食べ物をおいしく食べることが出来るようになり、身体のだるさや体力もある程度回復するようになります。
なにより健康的な身体をつくることができるので、たばこをやめようと考えているのであれば一度病院やクリニックに足を運んでみてください。